サーキュレーターの効果と扇風機との違い | 冷房の電気代を抑える方法

サーキュレーターの効果と扇風機との違い | 冷房の電気代を抑える方法

最近夏になるとよく聞くようになった「サーキュレーター」。風を送って涼しくしてくれる効果は扇風機と同じですが、その用途には大きな違いもあります。

今回は、サーキュレーターと扇風機の効果の違いと、冷房の電気代を抑える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

サーキュレーターの効果と扇風機との違い | 冷房の電気代を抑える方法

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターは、強いファンの力で直線的な風を送るよう作られた電化製品です。風が遠くまで届くため、室内の空気を循環させる目的で使用されます。一方、昔から広く使われている扇風機は、基本的に直接風にあたって涼をとる目的で使用される家電です。

どちらもファンによって風を起こすという点では同じといえますが、両者の大きな違いは、送風力にあります。直線的に強い風を送ることに特化したサーキュレーターに比べ、扇風機は広範囲に分散した風を送るのが特徴です。

サーキュレーターは強い風の流れを作ることで、室内の空気を効率的に循環させてくれます。しかし、体に当てることが目的ではないので、直接風を浴びて涼を取るのには適していません。

サーキュレーターの効果と扇風機との違い

サーキュレーターを使って冷房の電気代を抑える方法

近年の夏は猛暑日が続き、屋外だけでなく屋内にいても熱中症になるケースが多くみられます。室内の冷房は必需品といえますが、長時間冷房を使うことで、電気代が大幅に上がってしまうという問題もあります。

そこで、エアコンと併せてサーキュレーターを使うようにすると、冷房の電気代を抑えることができます。冷房の冷たい空気は部屋の下側に集まり、暖かい空気は上側に集まる性質があるため、サーキュレーターで室内の空気を循環させることで、効率的に部屋全体を冷やすことができるのです。


サーキュレーターを効果的に使うポイントは置く位置風を送る向きです。まず、冷房から出る冷たい空気は足元にたまってしまうので、サーキュレーターを送風の向きに合わせて床に置き、風を壁にぶつけて上方に送るのがポイントになります。サーキュレーターを使って冷たい空気を循環させることで、設定温度を高めにしていても快適な室温になるため、電気代を抑えることができます。

また、サーキュレーターをエアコンの送風口に向けて使用すると、冷房の風をちょうどよく分散してくれるので、こちらも試してみると良いでしょう。

アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 固定 ~8畳 ホワイト PCF-HD15N-W アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 固定 ~8畳 ホワイト PCF-HD15N-W

アイリスオーヤマ
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、扇風機とサーキュレーターの効果の違いと、冷房の電気代を抑える方法についてご紹介しました。

サーキュレーターを使用することで冷房の効果をアップし、電気代を抑えることができます。こうした家電を上手に使いながら、暑い夏を快適に乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク