猫の暑さ対策 | 暑い夏の体温調節方法と熱中症対策グッズ


猫の祖先は砂漠出身ということで「暑さに強い動物」と思われがちですが、現在のイエネコは日本のような高湿度の猛暑に耐えきれず、夏バテしてしまうこともあります。

今回は、猫が体温調節を行う仕組みと、必要な暑さ対策・熱中症対策についてまとめます。

スポンサーリンク

猫の暑さ対策 | 暑い夏の体温調節方法と熱中症対策グッズ

猫の暑さ対策 | 暑い夏の体温調節方法と熱中症対策グッズ

猫の平熱は高い

人の体温は36℃ぐらいが平熱ですが、猫は人間よりも平熱が高いとされています。大人になった猫は38℃、子猫だと大人の猫より高い39℃です。お年寄り猫になっても、37℃後半から38℃前半と、人間に比べると2~3℃高くなっています。

また、猫は体温調整があまり得意ではないので、暑過ぎる環境下や冷房が強すぎるような室内にいると体調を崩してしまいます。家の外で飼っている猫の場合は、自分で涼しい場所を見つけて避難することができますが、室内で飼育している場合にはそれができない場合もありますので、特に注意が必要です。

暑い夏の猫の体温調節方法

猫の体温調整

人間は、汗をかくことで体温を調整します。一方、犬や猫は、「パンティング」という呼吸をすることで体温調整をします。口を開けて「ハッハッハッ」と荒い呼吸をすることで、体内の水分を気化させて体温を下げているわけですね。

もう一つは「グルーミング」です。猫はよく自分の毛を舐めて毛並みを整えていますよね。人間が身体の表面に汗をかいて体温を下げるのと同様に、猫もグルーミングで唾液を出し、その気化熱によって熱を外に逃がしているのです。

また、耳からの放熱による体温調節もあります。猫の耳の皮膚は薄く、毛細血管がすぐ表面に見えます。暑い時にはこの耳の毛細血管が拡張して熱を逃がす働きをするのです。そのため、「暑い国には耳の大きい猫が多い」ともいわれています。

猫と熱中症

猫は体温調整機能は持っているものの、あまり得意ではないため熱中症にかかってしまうこともあります。そうした症状には、初期のうちに飼い主がしっかりと気付いてあげることが大切です。

暑い夏の猫の熱中症対策グッズ

猫の熱中症の症状には、以下のような例があります。

  • 歩く時にふらつきがある
  • 呼吸が苦しそう、荒い
  • よだれが多い
  • 抱っこすると体温が高い
  • 食欲がない
  • 下痢、嘔吐

子猫や、お年寄りの猫、また肥満気味の猫は熱中症にかかるリスクが高いので、暑さ対策に特に気を配る必要があるでしょう。

冷却マットを使用する

室内で飼っている猫の暑さ対策として、寝転がって涼むことができる場所を作ってあげることが有効です。「ひんやりマット」や「クールジェルマット」といった専用の商品も販売されています。

ラディック クールアルミジェルマット Sサイズ 専用カバー付き ラディック クールアルミジェルマット Sサイズ 専用カバー付き

ラディック
売り上げランキング : 8122

Amazonで詳しく見る


冷たさという点で選ぶと「大理石マット」はかなりお勧めです。大理石は人間が靴下を履いてその上に立っても冷たさを感じるぐらいヒンヤリ効果がありますし、耐久性も高いです。

大理石ペットひんやりクールマット Mサイズ大理石 石種おまかせ 40×30cm 石専門店.com 大理石ペットひんやりクールマット Mサイズ大理石 石種おまかせ 40×30cm 石専門店.com

石専門店ドットコム
売り上げランキング : 356373

Amazonで詳しく見る

水場の確保

熱中症対策としても猫の暑さ対策としても欠かせないのが、水分をしっかりとれる環境を確保してあげる事です。

汲み置きのお水が温まってしまわないように、置き場所も大切です。気温が上がりにくいお風呂場などにお水を置いておいてあげると良いでしょう。

まとめ

特に室内飼いの猫の場合、暑さ対策として重要なのは、部屋に熱をこもらせないことです。冷却マットなどを利用し、空気の循環が出来るよう、扇風機などを回しておいてあげるのもいいでしょう。

また、夏はパンティングやグルーミングなどで水分の消耗量も多くなりますので、いつでも水分を十分とれるようにしておきましょう。

スポンサーリンク