夏は痩せる?太る? ダイエット成功する人と夏太りする人の違い


「何もしなくても夏は痩せる」という人がいる一方、「夏になるとなぜか太る」という人もいます。夏場に極端な体重の変化をする人の中には、間違った夏バテ対策の食生活を送っている場合もあるようです。

今回は、夏太りする原因とダイエット成功のためのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

夏は痩せる?太る? ダイエット成功する人と夏太りする人の違い

夏は痩せる?太る?ダイエット成功する人と夏太りする人の違い

夏になると体重が増減するのはなぜ?

夏になると痩せる人と太る人がいるのを知っていますか?大きな原因として、胃腸の働きが影響すると言われています。

夏痩せしやすい人は、胃腸が弱い人が多く、暑さにより自律神経も乱れて余計に胃腸の働きが鈍くなってしまいます。食べたくても食べられないタイプの夏バテを起こす人は、毎年夏になると体重が3、4㎏減るということも珍しくありません。

夏痩せする人と夏太りする人の違い

一方、夏太りしやすい人は、胃が丈夫なため暑い日にも食欲が落ちない傾向にあります。中には夏バテを防ごうとするあまり、栄養価の高いものを積極的に食べた結果、夏太りになるケースも見られます。また、アイスクリームやジュースなど、冷たく口当たりの良いものを多く摂取することが原因になることも多いようです。

夏のダイエットを成功させるには、こうした自分の体質や、夏太りしてしまう原因を把握しておくことが大切です。

夏に痩せる人の特徴と注意点

夏に痩せる体質の人は、「ダイエット」の観点からは非常に有利です。自然に食欲が落ち、余分な脂肪がなくなっていくからです。このタイプは、苦労もなくダイエットに成功したように見えてうらやましく感じますが、あまり食欲がなくなってしまうと、夏バテして体調を崩す原因となるため注意が必要です。

また、夏に急激に痩せる人は、秋にリバウンドするケースもあります。食欲の戻る秋には、過度な体重増加に注意しましょう。

夏は痩せる人の特徴と注意点

「食べないこと」で夏に痩せるのは、代謝の面からはプラスにはなりません。栄養不足になると貧血になったり、冷えやすくなったりするので、結果的に脂肪が燃えにくい体質になってしまいます。秋に大きくリバウンドしないためにも、必要な栄養はしっかりと摂取して、半身浴などで身体を温めるよう心がけましょう。

夏太りしやすい人が成功するダイエット法

代謝が落ちることは、夏太りしやすい人にとって大きな問題です。夏になって食欲は落ちているのに体重が落ちない人は、代謝の低い夏太り体質かもしれません。

こうなると、夏の間にスタミナ料理を食べたりすれば体重増加に直結してしまいます。さらに、水分を体に溜めやすくなり、飲み物をたくさん飲むとむくみが出るのも特徴です。そのため、食事や飲み物で夏バテを防止しようと意識するあまり、夏太りする結果になってしまう人も多くいます。

夏太りする人は、脂肪にむくみがプラスして頑固なセルライトになっている場合もあります。夏場は外気温が高く、冬に比べて体温維持に要するエネルギー消費量が少なくなるため、むくみがちな人・脂肪が多い人は特に注意して代謝ケアをしましょう。

夏太りする人が成功するダイエット方法

では、夏太りしやすい人がダイエットしようと思った場合、どのような方法が効果的でしょうか。第一は、代謝を高めることです。汗をかく程度の有酸素運動が代謝アップに効果的です。

むくみやすい夏太りタイプには、キュウリやバナナ、スイカといったカリウムを多く含む食材がおすすめです。カリウムには体内の塩分、水分バランスを整え、むくみを解消する働きがあります。夏の風物詩でもあるスイカは、自然な甘みもありスイーツ代わりに食べると体もすっきりしておすすめです。

また、のど越しの良い麺類などの炭水化物はついつい量を多く食べがちです。ビタミンやミネラルを多く含んだ食材を摂るようにしましょう。


脂肪を落とす効果のある医薬品を使用するのも方法です。いわゆる「サプリメント」ではなく、効果効能の認められた漢方薬等を使用した方が安心して使用できます。


防風通聖散

まとめ

今回は、夏痩せする人・夏太りする人の違いと、ダイエットのポイントについてご紹介しました。

夏になると痩せる人もいれば、太るタイプの人もいます。健康的にダイエットを成功させるには、食事管理と併せて有酸素運動等を行い、しっかりと代謝を上げておくことが大切です。代謝を上げ、体を冷やさないようにすることで、秋になってからのリバウンドを防ぐこともできます。

無理な食事制限によって痩せようとすると、夏バテで体調を崩す原因にもなりますので、健康的なダイエットを心がけていきましょう。

スポンサーリンク