暑い時は首を冷やす!効果的に涼しくなる方法


年々、気温が高くなっているように感じる夏。

最近では、暑さ対策グッズとして、様々な「首を冷やす」商品が販売されていますね。

今回は、涼しくなる方法として首を冷やすことにはどれ位の効果があるのか、また、どのような注意点があるのかについてまとめます。

スポンサーリンク

暑い時は首を冷やす!効果的に涼しくなる方法

暑い時は首を冷やす!効果的に涼しくなる方法

首を冷やすと涼しくなる理由

首に巻く冷却グッズとして、スカーフ、冷却タオル、アイスノンなどありますが、一体なぜ暑い時に「首を冷やす」ことが、暑さ対策になるのでしょうか?

それは、私たちの全身にある血管の中でも、首にある血管は太く、皮膚の表面側に存在しているからです。首の前側の付け根、ちょうど鎖骨の上あたりにそっと手をおくと、脈を打っているのを感じますよね。それだけ、首の血管は血量が多く、表面にあるのです。

暑いと感じた時に首を冷やすと、効率的に血液を冷やすことができます。そして冷やされた血液が全身を巡っていくため、体を冷やすのに効果的なのです。

首の後ろを冷やす?前を冷やす?

首を冷やす際に最も効果的な場所は、大きくて太い血管が通っている“首の前側”です。

首を冷やす効果で暑い時に涼しくなる方法

ただし、冷やし過ぎには注意しましょう。首を冷やす時間の目安としては「ひんやりして気持ちいいな」と感じる程度までです。

それを超えると、頭痛などの症状が出ることもあるため注意が必要です。

首の後ろを冷やすのは危険!?

「首の後ろを冷やすのは危険」という話を耳にしたことはないでしょうか? 結論から言うと、首の後ろの冷やし過ぎには注意が必要です。

それは、首の後ろには脳に向かっている重要な血管が多いからです。それらの血管が冷やされることで、「暑い」という感覚は確かに緩和します。しかし、長時間冷やしてしまうと血管が収縮して脳への血流の流れが滞り、めまいや立ちくらみ等の症状が現れることがあります。

また、首の後ろにはリンパ管も多く通っているため、冷やすことで汗が止まります。そうして発汗が正常に行われなくなると余計に熱がこもってしまうことにもなりますので、首の後ろは過度に冷やし過ぎないよう注意しましょう。

具体的な首の冷やし方

最も簡単なのは、保冷剤や冷やしたペットボトル飲料を首に当てる方法です。凍っている場合は冷やし過ぎを防ぐため、タオルやハンカチ等でくるんでから肌に当てるようにすると良いでしょう。

暑い時に首を冷やす方法と効果


また、首に巻くタイプの専用の商品も販売されています。これらのグッズは大きく分けると保冷剤を利用するものと、気化熱を利用するものがあります。

保冷剤を使うタイプは、どこで使っても効果がありますが、保冷剤の効果が切れると保冷剤を取り替えるか、冷やし直す必要があります。

アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト (カバー1枚+ゲル2コ入) アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト (カバー1枚+ゲル2コ入)

白元アース
売り上げランキング : 14383

Amazonで詳しく見る


気化熱を利用するタイプは、水にぬらせば何度でも使えます。急激に冷やしすぎないところも良い点です。

クールコアタオル  パープル クールコアタオル パープル

ITSUMO
売り上げランキング : 54008

Amazonで詳しく見る


最近では、使い捨てで襟の内側に貼るタイプなども販売されているので、服装や使う環境に合ったものを選んで暑さ対策に役立たせてください。

首以外に冷やすと効果的な場所

暑い夏に涼しくなる方法として、首以外で冷やすと効果的な部位を2か所ご紹介します。

  • 脇の下:
    脇の下も大きな血管が通り、かつリンパ管が多く集まっている部分です。
    普段閉じている部分なので、熱がこもりやすく、体を冷やすために効果的な部位です。
  • そけい部(足の股関節の前側):
    実際に熱中症になった人の応急処置として冷やされるのもこの部分です。
    太ももの前側から内側にかけて血管やリンパ管が多く集まっているため、冷やすと暑さ対策に効果的です。

額(おでこ)に貼るタイプの熱さまシートを、脇の下や太ももの付け根に貼るなどしても良いでしょう。また、本格的に冷やしたいのであれば屋外作業用に首と脇の下、背中も同時に冷やすベスト状の冷却グッズなども販売されています。

熱さまシート 大人用 12枚 熱さまシート 大人用 12枚

小林製薬
売り上げランキング : 6571

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、効率的に涼しくなる方法として、首を冷やすことの効果と注意点をご紹介しました。

手軽にできる暑さ対策を上手に取り入れて、暑い夏を乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク