子供の熱中症の症状と対策グッズ | 発熱・嘔吐・頭痛等の予防


毎年、夏になるとニュースで頻繁に耳にする熱中症。症状は、少しクラクラする程度から、発熱、嘔吐、頭痛など様々です。酷い時には意識障害やショック症状で、病院へ搬送されるケースもあります。

こうした症状は、体力の衰えた老人や、身体の未成熟な子供などは特に注意が必要です。今回は、子供の熱中症の症状と予防法・対策グッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の熱中症の症状と対策グッズ | 発熱・嘔吐・頭痛等の予防

子供の熱中症の症状と対策グッズ | 発熱・嘔吐・頭痛等の予防

子供の熱中症(症状と特徴)

熱中症とは、暑さで体温コントロールが効かなくなってしまった状態で、大人に比べて様々な器官が未発達な子供には起こりやすい症状です。発熱や嘔吐、頭痛といった症状が出るころにはかなり進んだ状態です。

特に、近年では猛暑日が増えたこともあり、「子供は外で元気に遊べばいい」と考えて放っておくと、脱水症状によって意識を失うような危険な状態になることも考えられます。暑い夏場に外出する際には、子供の熱中症予防に大人が十分注意をはらい、不調を訴えた時には迅速な対応を行うことが大切です。

子供の熱中症の症状と特徴

典型的な熱中症の流れ

  1. 高温・多湿な環境下で身体に熱がこもる
  2. めまいや立ちくらみ等、熱中症の初期症状を起こし始める
  3. 発熱・頭痛・嘔吐等の症状がある、脱水により手足がしびれる
  4. こむら返り、筋肉のけいれん(熱けいれん)を起こす
  5. 意識障害、過呼吸等の重度症状を起こす

熱中症は、初期段階のうちに適切な対処をすれば大事に至らないケースがほとんどですので、子供の不調のサインを見逃さないよう注意しましょう。

子供の熱中症対策

子供が熱中症の症状を起こした時の対策としては、まずは体を冷やすことが大切です。冷房のある部屋や木陰など、涼しい場所へ移動します。同時に、氷やペットボトル飲料等で、身体を直接冷やして熱を下げましょう。

効率的に身体を冷やす対策グッズとして、携帯用の保冷剤が活躍します。特に首や脇の下、鼠蹊部といった大きな血管の通る場所を冷やすことで効果が高くなります。

叩けば冷える 瞬間冷却剤 5枚 叩けば冷える 瞬間冷却剤 5枚

扶桑化学
売り上げランキング : 296

Amazonで詳しく見る


また、熱中症の予防には、こまめな水分補給を行うことも重要です。その際、水分だけを大量に補給してしまうと、血中ナトリウム濃度が下がる「低ナトリウム血症」を起こし、手や足などに痙攣が出ることがあります。

極力、スポーツドリンクなど、塩分・ミネラルが含まれているものを選び、こまめに摂取させることが大切です。

コカ・コーラ アクエリアス ビタミン 500mlPET×24本 コカ・コーラ アクエリアス ビタミン 500mlPET×24本

コカ・コーラ
売り上げランキング : 2158

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、子供の熱中症の症状と予防法・対策グッズについてご紹介しました。

大人よりも身体が未発達な子供の熱中症は、症状が重くなりがちです。暑い夏場には熱中症に十分に注意し、頭痛、発熱、嘔吐といった症状が見られる場合には、迅速に身体を冷やすようにしましょう。

また、意識障害など症状が深刻な場合には、救急車を呼ぶことが必要になるケースもあります。症状が悪化する前に、早期の発見・対応を行うことが大切です。

スポンサーリンク