汗が止まらない!異常に汗をかく「汗かき体質」の原因


暑い夏は誰でも汗を多くかくものですが、中には異常な量の汗をかいてしまう人もいて、その原因は暑さだけとは限りません。日常生活に支障をきたすほどの汗をかいてしまう場合には多汗症などの可能性もあるので、心当たりのある方はチェックしてみて下さい。

今回は、汗が止まらない「汗かき体質」の原因についてまとめます。

スポンサーリンク

汗が止まらない!異常に汗をかく「汗かき体質」の原因

汗が止まらない!異常に汗をかく「汗かき体質」の原因

夏場の汗

暑い夏場は汗を閣僚が増えます。気温や湿度にもよりますが、体重65㎏の人が普通に活動するだけでも1日3リットルもの汗をかくといわれます。

汗を多くかくのは代謝が良い証拠ともとれますが、「周囲に汗臭いと思われないか」「汗で服に染みができてしまわないか」等、色々と悩みの種にもなります。

また、異常なほどに多くの汗をかく場合には、多汗症や別の病気が原因になっていることもありますので注意が必要です。

多汗症

異常に汗をかく原因としては「多汗症」が有名です。特に、生まれついての先天的な汗かき体質のことを「原発性多汗症(げんぱつせいたかんしょう)」といいます。

症状は多くの場合手のひらや足の裏に現れますが、中には顔や頭、背中の他、全身の汗が多い全身性多汗症というケースもあります。

通常の汗かきと多汗症との違いとしては、多汗症は緊張や不安などの精神的なストレスがない場合にも汗が止まらない点があげられます。また、多汗症での発汗は気温が高い時だけに限りませんので、「一年を通して汗が多い」という人は特に注意が必要です。

汗が止まらない汗かき体質の原因:多汗症

多汗症の診断基準

一般に、下記チェック項目のうち2項目以上があてはまり、多汗の症状が6ヵ月以上続いている場合は多汗症と診断されます。

  • 最初に症状が現れたのは25歳以下ですか?
  • 左右対称に発汗がみられますか?
  • 睡眠中は発汗が止まっていますか?
  • 1週間に1回以上、多汗の症状を感じますか?
  • 家族にも多汗症の人がいますか?
  • 多汗によって日常生活に支障をきたしていますか?

多汗症の場合には、暑い夏が終わったところで原因は解決しません。仕事や日常生活に支障を感じている場合には、一度医師に相談してみることをおすすめします。

自律神経失調症

疲労やストレスなどによって自律神経のバランスが乱れると「自律神経失調症」の症状が現れることがあります。自律神経失調症には、めまいや不眠、気分の落ち込みなど、様々な症状がありますが、多汗の症状が現れることもあります。

自律神経失調症で多汗の症状が現れるのは、発汗を促す交感神経が優位に働きすぎてしまうためです。また、汗が止まらないこと自体が新たなストレスとなったり、汗を意識するあまり余計に緊張して汗をかいてしまう場合もあります。

汗が止まらない汗かき体質の原因:自律神経失調症


自律神経が乱れる原因には、疲労やストレス等の他、生活習慣などもあげられます。食事の栄養バランスに気をつけ、十分な睡眠時間を確保して、規則正しい生活を送ることが大切です。

更年期障害

更年期障害は、卵巣機能の低下によって、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が減少することが原因とされています。

更年期障害の症状は自律神経失調症と似ており、頭痛、うつ、めまい、多汗などがあげられます。特に、ホットフラッシュと呼ばれる、急な身体や顔のほてり・発汗に悩まされる人は非常に多くいます。

肥満

最後にご紹介する汗かきの原因は、肥満体質です。肥満になると身体に脂肪がたまり、皮下脂肪が皮膚と筋肉の上に層を作ってしまうため、熱が身体にこもりやすくなり、体温が上がってしまいます。

最近では、見た目は普通でも、内臓周りに脂肪がつく「隠れ肥満」の方も増えてきています。過食や不摂生な生活は肥満だけでなく、自律神経失調症などの原因にもなりますので注意するようにしましょう。

本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」

まとめ

今回は、汗が止まらない「汗かき体質」の原因についてご紹介しました。

汗をかく原因は暑さだけとは限りません。病気等の可能性もありますので「異常に汗が多い」と感じる場合には一度医療機関を受診してみることをおすすめします。

スポンサーリンク