赤ちゃんの暑さ対策・熱中症予防法 | 暑い夏の注意点


暑い夏になると、お母さんとしては赤ちゃんの暑さ対策が気になりますよね。体温調節が苦手な赤ちゃんが熱中症にならないよう、しっかりと気を配ってあげましょう。

今回は、赤ちゃんの暑さ対策・熱中症予防法についてまとめます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの暑さ対策・熱中症予防法 | 暑い夏の注意点

赤ちゃんの暑さ対策・熱中症予防法 | 暑い夏の過ごし方

最近の夏の暑さは耐え難いものですが、大人は自分で何かしらの対策をとることが出来ます。

一方、赤ちゃんは言葉も話せず、泣く事でしか不快な状態を大人に知らせることが出来ません。ですから、大人がしっかりと注意を払ってあげることが必要です。

赤ちゃんは汗をかきやすい

まず知っておきたいのは、汗をかく「汗腺」の量は、大人も赤ちゃんもほぼ同じということです。したがって、小さな身体の上に密集して汗腺が存在するため、赤ちゃんは非常に汗をかきやすいのです。

また、赤ちゃんは大人のように効率的に熱を発散して体温を下げることができず、身体に熱がこもりがちです。これは、体温調整などを司る自律神経が未発達だからです。

日差し予防

赤ちゃんの暑さ対策の前提として、外出はできるだけ日差しがきつい昼間を避け、午前中や夕方を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの暑さ対策と熱中症予防法

どうしても日中出かける場合は、強い日差しを避け、帽子などをかぶせてやることです。帽子を嫌がる赤ちゃんは多いですが、日差しや紫外線によって体力を消耗し、まだ髪が少ない頭皮に湿疹を作らないためにも必要です。

赤ちゃんは暑いと頭から汗をかきやすく、気がつくとびっしょり濡れているという事もあります。通気性の良い帽子をかぶせ、日陰などで時折、風を通すなどしてあげましょう。

赤ちゃんにクーラーは直接当てない

まだ猛暑日が少なかった頃は、出来ることならクーラーは赤ちゃんがいる部屋では使わない方が良いという考えがほとんどでした。

しかし、近年のような暑さだと、赤ちゃんに極力負担をかけないようにしながら、クーラーも活用していく方が得策です。赤ちゃんがいる部屋の理想の室温は24~28度程度といわれています。少し暑いと感じるかもしれませんが、冷やし過ぎは禁物です。

クーラーの風が直接赤ちゃんに当たらないような工夫も大切です。クーラーの風をサーキュレーターや扇風機を使って部屋に循環させることで、より均一に快適な空間を作ることが出来ます。

アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 固定 ~8畳 ホワイト PCF-HD15N-W アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 固定 ~8畳 ホワイト PCF-HD15N-W

アイリスオーヤマ
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る


また、布団の通気性を高める為には、布団の下にゴザを敷き、熱を逃がすのも赤ちゃんの暑さ対策として有効ですよ。

ベビーカーに乗せる時の注意

日差しがきついときは、気温だけでなく地面のアスファルトも相当の熱を持っており、50~60度ともいわれます。

ベビーカーの赤ちゃんの暑さ・熱中症対策


少しでも熱を妨げ、熱中症から赤ちゃんを守るために簡単に出来る工夫の1つは、ベビーカーの背中部分にバスタオルなどに包んだ保冷剤を敷いてあげることです。赤ちゃん専用グッズとして冷却シートなども販売されていますので、ぜひ活用していきましょう。

カンガルーの保冷・保温やわらかシート カンガルーの保冷・保温やわらかシート

丹平製薬
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る


また、車に乗せる時も同様に注意が必要です。チャイルドシート用の冷却シートを利用し、サンシェードなどで熱を遮るように気をつけましょう。

抱っこする際の注意

ベビーカーを使えない場所などで、赤ちゃんを外で抱っこする機会もあるでしょう。この抱っこの時も気をつけないと、赤ちゃんと母親が密着しているため、すごい熱気になってしまいます。

そこで、二人の間にもタオルに巻いた保冷剤を置き、合間で降ろす時間を作るなど熱がこもらない工夫をしてください。専用の保冷剤付き抱っこ紐も販売されています。

カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用 カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用

丹平製薬
売り上げランキング : 1013

Amazonで詳しく見る

まとめ

夏場の赤ちゃんの暑さ対策として重要なのは、日差しを避け、暑さをこもらせないこと、そしてこまめな水分補給です。

特に赤ちゃんは汗をかきやすいので、適切な対策をとり、脱水症状にならないようご注意ください。

スポンサーリンク